沖縄のダイビングショップは何をするところか

沖縄に行くと、ダイビングショップがたくさんあります。しかし、ダイビングショップといっても具体的にどんなことをしたらいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。ダイビングショップに興味のある人にダイビングショップではどんなことが出来るのか紹介します。

まず、ダイビングショップが何故必要かを紹介します。最初に、ダイビングライセンスの取得講座の開講です。ダイビングライセンスの発行はライセンス認定団体に定められたインストラクターにしか出来ません。インストラクターはショップに所属しているか経営をしているかのどちらかで、そのインストラクターから講座を受けることが多いです。

そして、ダイビングツアーやダイビングイベントの催行もしています。国内ダイビングスポットのダイビングではダイビングショップが行うことが多いです。自分たちで行けないわけではないですが、それなりに経験がいるのでなかなか難しいです。

最後に、ダイビング器材のレンタル、販売とそのサポートも行っています。ダイビングショップはダイビング器材を保有していて、器材メーカーと提携もしているので販売もしています。

ダイビングをしたいひとはダイビングショップを介さなくても自分で行うことも出来ます。しかし、ダイビングショップでは経験豊富なインストラクターやダイバーがいるので、安全にダイビングをすることができるのでよほど経験豊富な人ではないと不安です。そしてインストラクターから様々な事を教えてもらう事が出来るので慣れないうちは、はダイビングショップを通して練習したほうがいいです。

ダイビングライセンスならやはりPADI

日本ではダイビングに興味を持つ人が増えています。世界中で6割以上のシェアを占めるダイビング機関がPADIです。
ライセンスといえばPADIと言われるくらい有名で、日本でもPADIのダイビングライセンスを持っている人は多いです。

教育プログラムは、教育心理学を応用したプログラムで、指導者を希望するする人向けにも充実した教材を開発しています。
PADIのコースは多彩です。初心者コース、スキルアップコース、プロフェッショナルコースなど、様々なコースがあります。

デジタル教材も好評で、インターネットを利用して、オンラインで学習できるeラーニングと、コンテンツを様々な端末にダウンロードしてオフラインで利用できるタイプがあります。自分にライフスタイルに合ったタイプを選択することができます。

商品には、認定申請料も含まれています。どちらも、申し込みをしてから365日有効です。eラーニングは、有効期限後はコンテンツが開けなくなりますが、eダイバーマニュアルなど無期限に利用可能なものもあります。オフラインでも利用できるタイプは、ダウンロードしたコンテンツは有効期限が終了した後も閲覧することが可能です。ダイビングショップはPADIのホームページから検索することができ、ショップを探して申し込むことができます。

沖縄のダイビングライセンスはPADI